ドーベルマンの育て方や飼い方について詳しく解説しています。

TOP > 関連ページ > 育て方や飼い方

ドーベルマン専門ナビ

育て方や飼い方

ドーベルマンの飼い方で大事なのは、ドーベルマンはとても学習能力が高いため、飼い主になるのであれば、本気になって育てることです。

ドーベルマンはリーダーとして飼い主がどんな振る舞いをしてくれるか、またリーダーシップは守られているか等を常にチェックしていますので、ちょっと曲がったことを感じると、すぐに自分がリーダーになろうとして言うことを聞かなくなってしまいます。

また子犬の時に特に大事なのが、主従関係をしっかりと築くこと、そして愛情を持って育てることです。主従関係は愛情関係がしっかりあってこそのものです。

飼い始めた時から餌を与えたり、散歩に連れ出す、病気になったら面倒を見ていくなど、しっかり管理してあげれば、それだけ安心して飼い主さんにリーダーとしての役割を任せるようになりますが、単にしつけだけを厳しくしているようだと、ちょっとのことで主従関係が崩れてしまいます。

成犬になってももちろん愛情の効果は維持できますし、レベルの高いしつけや訓練にもしっかり応えてくれるようになるはずです。

また成犬になってから飼い始めるのは難しいという人もいますが、成犬でもしっかりしつけをすれば、賢いドーベルマンに育てることは十分に可能です。

また成犬から育てる場合は、それまでに習ってきた悪い習性があったら、しっかりと治すことが大事です。飼い主さんとして慣れている人であれば、しっかりリセットできると思います。

ドーベルマンを叱る、叩く、怒鳴るなどばかりしているようではいけませんが、意思をしっかり示すことができれば、ドーベルマンはとても賢い犬ですので、それなりに応えてくれます。

またこの犬種は室外で飼うタイプと思っている人が多いようですが、ドーベルマンは室内で飼ったほうが言葉も早く覚えますし、より強い絆が生まれ、リーダーシップも取りやすくなります。

特に子犬のうちは室内で育ててあげるのが一番ですし、成犬になってからも番犬にしておくだけではなく、色々訓練を教えていくほうがドーベルマンらしい飼い方だと言えます。

ドーベルマンと上手に付き合っていくには、主従関係をいかに早く築くことができるかです。主従関係をしっかりと築くことができれば、とても充実した日々を送ることができるはずです。

もしあなたが、ドーベルマンの育て方で悩んでいるのであれば、遠藤和博先生のしつけ方法を実践してみることをお薦め致します。

遠藤和博先生は千葉県にある遠藤ドッグトレーニング代表として20年以上、2000頭以上の訓練経験を持っている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

遠藤先生のしつけ方法をあなたがしっかりと習得し、実践することができれば、ドーベルマンとの主従関係を短期間で築くことができ、あなたをリーダーだと思い、しっかりと服従してくれるドーベルマンにすることができます。

教材の詳細は下記よりご覧いただけますので、ドーベルマンの育て方で悩んでいる方は、一度内容を確認してみることをお薦め致します。