その他ページです。

TOP > その他

ドーベルマン専門ナビ

その他ページについて


ドーベルマンの室内環境

ドーベルマンを室内で飼うか、室外で飼うかで悩む方は多いようです。子犬のうちはまだ室内派という方も大きくなったらどうしようか迷ったり、また番犬がいいだろうと思っていても懐いてくるとかわいそうになるような方もいます。

では一般的にどちらが正しいのかというと、ドーベルマンも環境によって性格も変われば寿命も変わりますが、外飼いの場合は性格もあまりメリハリのない犬に落ち着いたり、また寿命も短くなるのが常です。

また昔は番犬タイプも多かったものですが、今ではセキュリティ事情も一変していますので、番犬を見ることもあまりない世の中です。つまりどんな犬でも室内飼いが基本であると言えます。

またドーベルマンは寝起きだけは室内で、あとは庭がベースだったり、外でしっかり番犬の役をこなすこともできます。常にではなくても、飼い主さんと日に1度は接することができる環境がお勧めです。

また犬は元来どのタイプもそうですが、ドーベルマンもとても清潔好きです。つまり基本的にトイレと寝床はセパレートすることですし、毛布なども取り替えて皮膚病にも気をつけるべきです。

他には暑さと寒さにもドーベルマンはとても敏感ですので、エアコンで最適な温度を常に維持できるようにすることも大切です。ドーベルマンといえば活動的な犬ですから、できれば庭などがあって、足場も良いところで運動できる環境がベストです。

またよく言われるのが、フローリングなどの硬い足場や滑る足場は、骨の病気に直結しますので注意が必要です。自宅がフローリングの方はコルクなどを敷くことをお勧め致します。

お薦めしつけ教材

TVチャンピォン優勝!
森田誠の犬のしつけ法
日本一のカリスマ訓練士!
藤井聡の犬のしつけ法